永い間病気と薬で苦しんでヨガを通じて元気を取りもどしたわたしがおっとのGP法セミナーを4年間いつもいつも見続けてきたからこそできるものをヨガのかたちにしたら、

現代のヨガといわれているものの背景にある歴史的な背景も、現代のヨガそのものもすばらしいものばかりです。

そして、私自身が不調から脱出するのにヨガがあることでとても助けられました。
いろんなスタイルのヨガや教室があるなかで、結構な不調のどん底から這い上がってくるときは、ヨガをしながらもいろんなことがありました。

整体やからだにいいといわれるものはいろいろ試してきました。

いろいろやっていまがあります。

そこを通ってきたいま、整体もヨガも勉強しながら、

あのころ、身近にこんな場所があったらよかったな・・・

というものを、ごきげんヨガで表現しようとしています。

ヨガのアーサナをしっかりしなくても、おだやかなからだへのアプローチでからだがととのい、それによってこころもふわりと楽になる・・・。

それが、整体とリストラティブヨガのいいとこどりをしたGPヨガです。

疲れているときや、からだにもこころにもすべてに余裕がないというような状態の時は、まずは『あなたというひと』の『容量』を上げなければなりません。
『容量』に余裕のないまま、体操やヨガのアーサナをたっぷりやってしまうと・・・



『何かしらの不安』

があることが

『ヨガをしたい』

『ヨガをしてみたい』

という思いをあきらめさせたり、とおざけてしまっているとしたら・・・・・


また、


また、体をかえることで、こころに変化を起こすことができます。

緊張しっぱなしのからだから少しでもその緊張を解いてあげると
さっきまでのこころの緊張までやわらいでいるのを感じられると思います。


からだとこころのかんけい。
からだのせいしつ、こころのせいしつ。
その影響しあうつながり・・・

などをゆったりとした時間の中で知識として、体感として知ることで、いままで
体調やこころの不調で悩んでいたり、もしかして自分自身をせめていたり

体や心に現れる不調にふりまわされるのではなく

それぞれを知ることで、からだともこころとも、さらにはそれらの不調とも仲良くしていく方法がみつけられるかもしれません。

不調そのものより、不調というあらわれから発生したお悩みや問題に私たちは苦しんでいたりしないでしょうか?

そんなこんなが解決されていくと、いままでロスしていたエネルギーを、

ヨガの先にあるみなさんの

『したいこと』
『なりたいわたし』

にロスなく注ぎ込むことができるんじゃないかな・・・。


このいのちを思いっきりたのしんでほしい

あなたがあなたであることのよろこびのなかでこのいのちを生きてほしい

こんなおもいでやってます。



わたしがまだヨガというものをやりたくてヨガ教室というものを探しているころ、、、、、、そのころは、まだまだ絶不調からの抜け道をさまよっている最中。


苦しさから抜け出したい

ともがいていたころ。

その時に、おもいきって飛び出した海外で出会ったヨガの先生のレッスンを受けたとき、それまでに感じたことのない感覚がありました。

レッスン後

『わたしのからだがよろこんでいるみたい』

わたしは普段からこの体なんだけど、今まで知らなかった自分の体の

快適さ?
心地よさ?

自分が自分の体であることの心地よさ?

なんと表現したらいいのか・・・・・・

そう、とにかく


『わたしのからだがよろこんでいるみたい』


と、ひとに話した記憶があります。



に憧れて、ヨガを仕事にすることに決めました。

その後、憧れのヨガの先生のプライベートレッスンを受けた時にボルスターなどのプロップス(ヨガを練習するときに使う補助具)などをいろいろつかってレッスンをしてくれたことがありました。


そのレッスンにまた衝撃を受けました。

当時の私は日本ではボルスターというものに触れたことがなく、その時初めてボルスターを使ったヨガを体験しました。

ボルスターに体を預けることで、無意識に入っていた力みがぬけ、そして、こころまでがゆるゆるとほどけていくのがわかりました。
なんとも心地よい感覚・・・からだもこころも。。。




帰国してから、ボルスターなどのプロップスという補助具について、そして、それらを使っておこなうリストラティブヨガというヨガのスタイルがあるということを知りました。

リストラティブヨガの勉強をはじめた。


勉強や自分自身のためのヨガを続けているうちに、夫の整体と似ていたり通じている部分がなんとなくあるきがしてきて・・・それを自分なりにかたちにしはじめた。


そして、『GP法』と『リストラティブヨガ』両方のいいところをとりいれて、こんなヨガがあったらいいなっというヨガのかたちをつくってみました。

リストラティブヨガとは?

あったらいいなをまずかたちにしてみたのが・・・ねむりとリラックスのためのヨガ。


これを『ねむりらヨガ』


とよんでみることにしました。

これらは夫の『GP法』の考え方をもとに、ヨガのかたちで表現したものです。

GP法の考え方でかたちづくったヨガ・・・ごきげんヨガのヨガメソッドを『GPヨガ』とよぶことにしました。


このページの先頭へ